結婚式の歴史

性の憧れであり、そして結婚のステータスとして「結婚=結婚式を挙げる」が一般常識でしたが、最近は結婚式をするかしないかは当人たちの自由という方式が主流になっています。
結婚式をしない理由は「お金がかかるから」「人にお披露目するのが恥ずかしい」「妊娠(出産)してしまったから」と様々ですが、最近はその理由を活かした結婚式を挙げるという斬新なスタイルも流行っています。

ここでは結婚式を挙げる意味について、また最近の結婚式事情を紹介します。
このサイトを見て「それなら挙げなくて良いかな」「こんな感じで出来るなら挙げてみたい」というように、結婚式の有無を決断できるキッカケになって頂けたら…と思います。

日本での結婚の歴史は古事記に記載されている日本神話に描かれていることから、当時は既に結婚という行事が行われていたと言われています。
元々は海外の風習であったことは間違い無いですが、日本でも200年も前の昔から受け継がれる伝統あるお祝いなのです。
服装は和装から洋装に、会場も神殿や神社から教会へと変化していますが、日本らしい結婚式の伝統をどこかに感じさせるようなアットホームな結婚式が主流のようです。

自分の子孫の世代に結婚式を残したい…という思いがあれば結婚式を挙げるというスタイルも考慮してみて下さい。
次のページからは新しいスタイルの結婚式をいくつか紹介していきましょう。
結婚式を挙げる本当の意味…それは二人が最初に共に考える課題と言っても過言ではありません。


▼推奨サイト▼
海外で思い出の結婚式を残したい方の為の海外ウェディング情報サイトです → → 海外ウェディング

Copyright © 2014 結婚式を挙げる意味 All Rights Reserved.